レーザー機器による除去が一般的!いぼ治療の現状を知ろう

サイトメニュー

様々な施術方法がある

女性

方法別のメリットとは

美容クリニックで受けられるいぼ除去はいくつか種類があります。どのような治療内容になるかは、いぼの大きさや数、そもそもの原因などによって異なります。いぼという存在については知っていても、そもそも何物なのかという事についてまで知らないという人が意外と多くいます。実はだいたいの原因はウイルスなのです。顔の産毛反りなどした後、ちょっとした傷から入り込んだウイルスが原因となっていぼになる事が多いようです。その他衣服の擦れなども一因します。ウイルス以外が原因の場合は、老化によるものです。原因がウイルス性の場合や悪性腫瘍が疑われる場合などは健康保険適用の液体窒素を用いた凍結療法が採用されます。1回の治療での完治は難しいですが、保険適用なので医療費が安くすむというメリットがあります。また、原因に関係なく美容を目的とした除去法を受ける場合は自費診療となりますが、治療方法の選択肢は広がります。例えばレーザー治療、電気分解、切除手術などです。レーザーでは小さめのものを少ない痛みで複数個一気に施術できます。電気分解や切除手術の場合は1回の治療で根治が望める程確実性があって、大きなイボでもとれるという安心感がメリットです。どの方法を取るかは医師の判断によります。いぼの除去を受けるにあたって気になる事は、とった箇所はどのようになるのかという事ではないでしょうか。できた箇所が顔のように他人から目立つ場所の場合、とった箇所がクレーターのようにへこんでしまってはみっともなくなってしまいます。せっかく治療を受けたのに以前と変わらず目立ってしまっては意味がありません。元々のいぼの形状や治療方法によって跡の残り方は異なりますが、なるべく跡を残さず綺麗な出来上がりにする為には美容クリニックでの除去を受ける事がおすすめです。レーザーや電気分解などイボを焼いてかさぶたを作り、皮膚を再生させる治療の場合、治療後すぐは火傷状態になるのである程度の跡は残りますが、徐々に回復します。切除手術を受ける場合はイボがある程度大きいものということになりますので、大きくくり抜いて縫合すると皮膚に突っ張り感ができてしまいます。見た目もクレーターのように凹凸ができてしまう可能性があります。そのため医師は別の箇所から皮膚を持ってきて移植する術式をとる事があります。そうすると皮膚が再生した後も違和感ない状態にできるのです。施術を受ける場合には、治療方法と併せて、再生した皮膚がどのようになるのか、回復までにどのような経過を辿るのかも確認しておくと安心です。